心臓の健康

スパーバ・クリルに含まれるリン脂質結合型オメガ3は、健康な心臓に大切な栄養素です。

心臓の健康のためにオメガ3が果たす役割は、非常に複雑です。細胞レベルから血管に至るまで、オメガ3は健康な心臓の維持に作用を与えているのです。食事でオメガ3を多く摂るほどに心臓には良いと、研究成果も語ります。

細胞、血管、組織

  • 血球への大切な作用
  • 血管組織への大切な作用
  • 細胞内シグナル伝達の向上

研究者たちは、細胞組織、血液、赤血球中のオメガ3の濃度と、心臓血管系全体の健康状態に関連性があることを明らかにしてきました。オメガ3には心 臓や血管の健康をサポートする効果があり、食事によるオメガ3の摂取量を増やすことが望ましいという証拠も続々と発見されています。

作用のメカニズム

  • 細胞内レベルへの働きかけ
  • 健康な細胞膜を形成
  • 遺伝子発現への好影響

また、 リン脂質結合型オメガ3による心臓血管系の健康サポートについては、科学者たちによって多様なメカニズムが提唱されています。細胞内レベルでは、リン脂質 結合型オメガ3は細胞膜に取り込まれ、細胞膜の性状を変化させ、炎症に対する健全な反応を促すとともに、細胞のシグナル伝達経路に関与する調節酵素に組み 込まれることで、遺伝子発現に影響を与えます。

さまざまな心臓の健康へ

  • 正常な血圧維持をサポート
  • 正常なコレステロール値の維持をサポート
  • 規則的な心拍数を促進

研究では、オメガ3が正常値の範囲内にある血圧やコレステロール値の維持に役立つことも認 め られています。さらに、規則的な心拍動を促したり、正常な血液凝固作用を維持する効果も指摘されてきました。このようにオメガ3は、心臓と動脈双方の健康 維持をサポートしているのです。