脳の健康

脳は、リン脂質結合型のオメガ3を求めています。

脳は人体のコントロール・センターであり、ヒトが年齢を重ねるごとに変化・成長し続けます。そしてオメガ3は、生涯にわたる身体の健康の維持と同じく、脳の発達にも極めて大切な栄養素です。

脳を含む中枢神経系よりも脂肪酸を多く含んでいるのは、脂肪組織だけです。オメガ3脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)は、ヒトの脳に最も多くある脂肪酸で、脳中の全脂肪酸の15%を占めています。リン脂質結合型のオメガ3は、脳細胞膜の構造と機能、および細胞シグナリングにおいて重要な役割を果たしており、脳組織内でオメガ3が欠乏すると、脳機能に影響して発達を遅らせる可能性があります。

オメガ3と脳の発達

  • DHAは重要な脳内脂肪酸
  • 細胞内シグナル伝達の向上
  • 脳の健康と成長をサポート

オメガ3は、主に食事から摂取されます。特に、脳が急速に成長と発達を遂げる出生前と小児期早期において脳中のオメガ3の細胞内合成が制限される と、脳の健康維持に悪影響を及ぼす可能性があることが証明されています。脳中のオメガ3の量は、食事による脂肪酸の摂取と脳の発達段階に、一生を通じて影 響を受け続けるのです。

認知機能の維持をサポート

  • スパーバ・クリルが高めるオメガ3の摂取効率
  • 脳が求めるリン脂質結合型オメガ3
  • 認知機能の維持をサポート

また、脳中への脂肪酸の供給は制限されており、オメガ3脂肪酸とその他の必須脂肪酸のみが血液と脳の間にある関門を 通過することができます。ヒトの母乳に含まれるオメガ3は比較的少量ですが、その大部分はリン脂質結合型です。リン脂質に結合したオメガ3は、トリグリセ リド結合型よりも優先的に脳組織へ運搬されることが明らかになっています。そのメカニズムとして提唱されているのは、リン脂質と結合してオメガ3を脳中に 供給する物質の存在です。こうした理由から、リン脂質は脳組織にとって、オメガ3のより優れた供給源だといえるでしょう。

すべての年齢層において大切なオメガ3

  • 乳児期における重要性
  • 小児期の集中力と学習力を促進
  • 加齢に伴う物忘れを軽減

オメガ3の摂取は、ヒトの記憶力と認知機能の維持に効果を発揮することも報告されています。オメガ3を十分に摂れば、高齢者の知覚へも良い影響をもたらすのです。記憶力を維持し、加齢に伴う物忘れを軽減するためには、オメガ3の適度な摂取が推奨されます。

ヒ トの脳は、胎児期の後期から生後2年間の小児期にかけて、急速な成長を経験します。この時期に特定の栄養素が不足すると、脳の発達が阻害される可能性があ ります。オメガ3は、ヒトの脳の健やかな発達に欠かせない栄養素であり、胎児期の早期から十分な供給が必要なのです。研究では、乳児のオメガ3の摂取状態 と脳の発育に関連性が認められています。

また、オメガ3脂肪酸は胎児の脳の発達に重要なだけでなく、小児期から大人に成長するまで脳の機 能 に影響を与え続けることが確認されています。実験では、注意力が散漫になりがちな青少年の血中オメガ3濃度が低く、脳中のオメガ3のパターンが変化してい ることが観察されました。一部の研究によると、オメガ3を摂取することによって小児の集中力が増し、彼らの行動や学習に良い影響を与えると考えられていま す。